Civ5の攻略本!

Civ5の攻略本!はCivilization V BNW (シヴィライゼーション 5) の攻略サイトです。

初心者が始める難易度:開拓者 1

文明の発見

アメリカのワシントンと遭遇

アメリカ文明のワシントンと接触したぞ。

アメリカへようこそ。

………

どうした?両国の関係を確固たるものにすべく、よりよい外交を始めようではないか。

いや、ゲーム始まったばっかでは外交といってもなにもできないではないか。画像はあくまでイメージ映像で、実はお互い腰みのつけた原始人だからな。

………

………

ゲームを続けるぞ。なお今回のプレイでは外交は一切行わない。初めから内政・外交・戦争と教えても頭がフットーしそうだよおっっ、となってしまう。国語算数理科社会の教科書をいっぺんに開いて教えるのではなく、保健体育の性知識のようなみんなが親しみをもちやすい分野に絞ってレクチャーしていく。

人口の成長

人口の成長

右のポップアップと首都:京都をよく見てほしい。人口が1→2に増えたのがわかる。人口が増えれば増えるほど都市は大きくなり、強くなるとわかるだけでいい。

都市国家と遭遇

都市国家と遭遇

同ターン、斥候がマップ左上で都市国家と遭遇した。都市国家はアメリカのような文明と違ってゲームの最初から最後まで1都市しか持たない国家だ。仲良くしてるといいことあるぞ。

蛮族の野営地の発見

蛮族の野営地の発見

更に同ターン、蛮族を発見。蛮族というのは文字通りならず者、ドラクエの盗賊みたいな奴らだ。近場の都市を襲っていやがらせをしてくる。戦闘力は高いので、斥候のような弱いユニットで蛮族と戦わないように。

都市の数と同数の軍事ユニットがいれば蛮族対策としては十分だ。百害あって一利なしな連中だが、上級者は蛮族を上手く利用することも。

テクノロジー

弓術研究完了

次ターン、弓術の研究が完了した。以降、都市で弓兵がつくれるようになる。いいよなぁ、飛び道具ってぇのはよぉ!!

再び研究の選択。どれを選んでいいかわからないなら、今はとりあえず早く研究が終わるものを選ぶといい。採鉱を選択。

社会制度の選択

社会制度の選択

次ターン、社会制度の選択が可能に。社会制度というのは奴隷制や民主主義などのこと。civ5では文化(文化)が貯まったら新しい社会制度を獲得できる。civ4経験者は仕様の変化に注意。

伝統・解放・名誉・敬虔の4つどれかを選択できるが、今回は伝統を採用する。以降社会制度は伝統の全ての社会制度を採用する伝統コンプを目指す。意味はまだわかんなくていい。

文化圏の拡大

文化圏の拡大

次ターン、モニュメント生産完了と同時に京都の文化圏が右下ににょきっと拡がっているのがわかるだろうか。文化圏とは都市の領土のことだ。都市の文化産出量が多ければ多いほど文化圏が拡がっていく。

ゲーム開始時の京都の文化産出量は文化1、伝統オープンで文化+3、モニュメントで文化+2、現在文化6になっている。こうやって都市を大きくしていくのだ。

文化力で領土が増えるというのはピンと来ないかもしれない。都市圏外のタイルの部族を自都市に加わるよう説得し、成功したと考えるとイメージが湧くだろうか。

次は労働者を生産する。労働者については説明するより実際に操作してみるとわかりやすいだろう。

パンテオン信仰の開始

宗教系都市国家と遭遇

次ターン、2つ目の都市国家と遭遇。都市国家には文化or宗教or海洋or軍事or商業などの属性があるのだが、宗教系都市国家からは信仰(信仰力)がもらえる。前回と今回の都市国家は宗教系なので信仰が必要な分貯まったので…

パンテオン信仰の開始

パンテオン信仰の開始が可能に。パンテオン信仰とは部族信仰のことで、キリスト教などの宗教の母体といったところか。なんと全26種類もあり、何を選んでいいかわからないだろうが、直にわかる。今回は地母神を選択。

次のページからは労働者を使って都市をどんどん大きくしていくぞ。

←PREV     TOP     NEXT→