Civ5の攻略本!はCivilization V BNW (シヴィライゼーション5) の攻略サイトです。

スパイの初任務先

はじめに

初任務先選びをミスって潜伏する都市を選びなおすと、移動(1ターン) + 内偵 (3ターン)の計4ターンが無駄になる。なるべく一度でビシっと決めたいところよね。

このページでは潜伏先の文明&都市の選び方についての解説をするわよ。

武闘派は論外

当然まずは文明から決めることになるわ。初任務先にフン(アッティラ)を選んだことのある人はいないでしょう?その判断と同じ理屈で文明の候補は絞られていくの。

4つの属性のうち、武闘派は選択肢から外れるわ。科学施設の軽視と下ルートを好むのが理由よ。例え他文明を滅ぼしてスコアが高くても、潜伏先にはふさわしくないと思うわ。国立大学もないし。

好戦的な拡張派も同じよ。姫路城を建ててるような奴等のことで、鉄鋼&火薬にUUをもつ日本・アメリカ・フランス・オスマントルコ・スペインは下ルートの可能性が高くなるからね。

教育の有無

都市に大学があるかどうかで必要ターンは大きく変わるわ。内政派や文化パラの高い文明は教育が早いわね。

教育の有無の確認方法は簡単。外交取引画面で、研究協定が結べるかどうかを確認するだけ。友好宣言がなくてもわかるから安心してちょうだいな。

外交取引画面で教育の有無の確認

赤字の部分が見えるかしら?もし教育がなければ、「このアイテムの取引に必要なテクノロジー(教育)をもっているプレイヤーはまだいません。」とご丁寧に教えてくれるの。

もちろんプレイヤーが教育をもっていればこの確認方法は使えないわ。教育を急いで獲得するとスパイが配られたターンにAI文明の教育の有無がわからないの。

スパイパラ

科学パラの高い文明はいかにも潜伏先としてうってつけのように思えるけれど、実はスパイパラが高く、防諜スパイ&警察庁も早いの。詳しくはAI性格パラメータ一覧表で。

スパイバレ

スパイバレはかなりの友好度ペナルティ。テクノロジーを2つ3つ盗むだけですぐにバレちゃうから、外交状況も考慮しなくちゃね。

世界遺産をいっぱい持ってるような、将来戦争する予定の文明も候補になるわ。どうせ戦争するってんならスパイバレしても痛くも痒くもない。

そういう意味では、戦争に負けて滅ぼされそうな内政派なんかも一時しのぎとしてはあり。研究協定の恩恵もしょぼいし、都市が少なければ国立大学が高確率であるわ。

2.都市を決める

文明が決まれば次はスパイを潜伏させる都市を決めるんだけど…

ぶっちゃけ首都一択よ、みんなもそうしてきたでしょ?ただし、アンコールワットには要注意よ。

アンコールワットは教育で解禁される世界遺産。しょぼいので印象に残らないけれど、技術窃盗に関しては話が別。AIは基本、世界遺産を一番生産力のある首都で建てようとするわよね?

アンコールワットに限らず、首都の生産ラインが長い間、世界遺産ですし詰めになっているといつまで経っても大学が建たないの。スパイの防諜配置のリスクも加味すると、首都を避けた方がいい状況もあるかもしれないわね。

初任務先ではないけれど、山岳隣接都市には天文台があるから、といった理由で後々都市を変えるというのもアリだわ。

創造主で都市を決める

そして、難易度:創造主においては不死以下の難易度とは都市の選び方の事情が異なるの。

難易度:創造主の一番の個性でもあり、プレイヤーにとって一番苦しいのがAI文明の開拓者ボーナスによる2都市スタートよ。これがスパイの話にどう繋がるのかというと…

国立大学がある都市はどこ?

上の画面はオランダ文明を潜伏先に設定し、都市を選ぼうとしている状況よ。(このターンではまだ建っていないけれど)みんなはこの3都市のうち、国立大学がある都市を当てることができるかしら?

国立大学がある都市の解答

正解はロッテルダム、首都のアムステルダムではないわ。不死以下の難易度だとAI文明の第二都市が建つのは30ターン前後よね。これだと第二都市は世界遺産&国家遺産が集まるような都市にはなりにくいわ。

一方、創造主だと第二都市が開始数ターンで建つため、第二都市が首都以上に成長することが稀によくあるのよ。

産業時代に都市を変える

スパイ潜伏先の文明が産業時代入りすることで、スパイが1人増える。すると当然防諜スパイがいる確率もぐーんと上昇するわ。

以降は、30,40ターンかかってでも都市を変えるべきでしょうね。新米スパイなら特攻してもいいけど。

おまけ:イギリスの場合

スパイ2人の技術窃盗の必要ターンが一致すると、同じ文明の都市なら2つ、別々の文明なら1つ、技術窃盗可能。というわけで同じ文明に潜伏させましょう。創造主なら数ターンで神学・教育の同時窃盗もワンチャンありえるわ!

次のページは難易度:創造主で技術窃盗を実践するプレイレポよ。

←PREV     TOP     NEXT→